コルンゴルトのオペラ「死の街」

2009年1月27日、ROHにて。

2004年にヴィーン国立歌劇場でプレミエだったプロダクションを借りてきて上演したもので、ROHがこのオペラを上演するのは今日が初めてです。

Die tote Stadt
Opera in three acts
Music: Erich Wolfgang Korngold
Libretto: Paul Schott after Georges Rodenbach’s novel Bruges-la-Morte

Director: Willy Decker
Conductor: Ingo Metzmacher
The Royal Opera Chorus
The Orchestra of the Royal Opera House

Paul: Stephen Gould
Marie/Marietta: Nadja Michael
Frank/Fritz: Gerald Finley
Brigitta: Kathleen Wilkinson
Gastone/Victorin: Steven Ebel
Kleine Graf: Ji-Min Park
Juliette: Simona Mihai
Lucienne: Jurgita Adamonyte

コルンゴルトのオペラを聴くのは2007年の「ヘリアーネの奇跡」に次いで2回目ですが、音楽的には「ヘリアーネの奇跡」の方がより叙情的で好きです。しかしこの「死の街」を23歳で書いたなんて凄いと思いました。管弦楽は随分多彩な音だし、歌手への要求も易しいものじゃなさそう。特にマリエッタは長時間にわたって声量ある高音を出し続けなければ務まりません。テノールだってそれなりのものが要求されるのでヘルデンを持ってきた訳ですね。

その歌手達ですが、スティーヴン・グールドは昨年のバイロイトで体験した柔らかくて伸びのある声はあまり聴けませんでしたがちょっと硬いものの高音はちゃんと出ていましたし声量もまあまあ。演技的には図体が大きいせいかあまり印象的ではありませんが。

ナディア・ミヒャエルは昨年見た「サロメ」の時と同様の好調さで、きつそうな高音も美しく歌い上げていました。細い体でよくスタミナがが続くなぁと感心するぐらい声量もありましたし。なぜかここROHではジンクスのように「サロメ」と同様の下着姿で演技し、しかも今回はそれに加えてスキンヘッド!双眼鏡でじっくり見ましたが鬘の縁は見えなかったので、この舞台のために髪を剃り落としてしまったのでしょう。演技も体をよく動かして舞台中かけずり回っていました。好演!

有名歌手ではバリトンのジェラルド・フィンリーが出演していますがそれほどの人を持ってくる必要はあまり感じられない役でした。

おや、と思ったのがROHではよく脇役で出ているメゾソプラノのカスリーン・ウィルキンソンで、今回はメード役としても結構長い歌があてがわれており、それをとても魅力的に歌いました。美声です。

メッツマッハー指揮の管弦楽は、ちょっと一本調子かもしれないけれどメリハリを付けて豊かに鳴っていました。これも好演でしょう。

演出ですが、舞台の左手奥にもう一つ舞台を出現させてしかもそれを遠ざけたり近づけたりして時間的空間的変化を与え、夢か現実かよく分からない曖昧さを創出するなど、観客をしっかり惹きつける魅力があります。

亡くなった妻の写真や遺品に囲まれて思い出に浸るだけの生活をしているパウルを見ていると暗い気持ちになりますが、筋や音楽は違ってもオペラ全体からはベルクのヴォツェックから受ける感じと似ている印象を持ちました。

下の写真は主役二人、Nadja MichaelとStephen Gouldです。
c0057725_9544546.jpg

次の写真はGerald FinleyとIngo Metzmacherも入れて。
c0057725_9551461.jpg

[PR]
by dognorah | 2009-01-30 09:56 | オペラ
<< チャイコフスキー「スペードの女... ヴェルディ「シモン・ボッカネグ... >>