ヘンデルのオペラ(オラトリオ)「セメレ」

2009年1月24日、チューリッヒ歌劇場にて。

Semele - Händel
In English with German surtitles
Opera after the manner of an oratorio
Music by Georg Friedrich Handel (1685–1759)
Libretto by William Congreve

Conductor: William Christie
Producer/production: Robert Carsen
Chor der Oper Zürich
Orchestra: La Scintilla der Oper Zürich

Semele: Cecilia Bartoli
Ino: Liliana Nikiteanu
Juno :Birgit Remmert
Iris :Rebeca Olvera
Jupiter/ Apollo: Charles Workman
Cadmus/ Somnus: Anton Scharinger
Athamas: Thomas Michael Allen

新年になってコヴェントガーデンはバレーは頻繁に上演していますが、オペラは昨年12月からのトゥーランドットの残りを上演しているもののその他はなく、27日になってようやく「死の都」が始まるというスロースタートに我慢できず、チューリッヒへ見に行ってしまいました。これが私の今年初オペラです。
チューリッヒオペラはこれが初めての訪問です。以前、ガラちゃんことbibingaさんから日曜のマチネーが狙い目で、日帰りで行くもよし、土曜日にもう一つ見て一泊すれば「一粒で二度おいしい」思いが出来る、と聞いていたのでチャンスを窺っていたのでした。今回は24日(土)の夜に「セメレ」を、25日(日)の昼に「シモン・ボッカネグラ」を見てその日のうちに帰ってきました。

さて、その「セメレ」ですが、ストーリーは単純で前に見たオペラ「カリスト」と似たような内容で、ギリシャ神話の神ジュピターが例によって女性を見初めて我がものにし、奥さんの怒りを買ってその女性が仕返しを受けるというものです。「カリスト」では女性が熊にされてしまい、哀れを催したジュピターによって死後は星座にして貰えますが、今回は焼き殺されてしまうのです(因みに神話では彼女の胎児はジュピターに助けられて、後に酒の神バッカスになるそうです)。本来悲劇のはずですがリブレット上でもあまり悲劇的な扱いではなく、ロバート・カーセンはこれを喜劇仕立てにしてセメレの死を誰も気にしない結末になっています。

演出は例によって舞台装置はシンプルで時代設定も現代風すが、衣装が凝っていて美しいし光の使い方が上手いしで、大変よくできていると思います。舞台だけでなく出演者も省エネで、最後にアポロが登場するはずが、ジュピターが「アポロがこう言っていたよ」とアポロの台詞を歌ってしまい、アポロ役をカット。また、Juno役のメゾが大柄な女性で、Iris役がとても小さいソプラノで、凸凹コンビにして二人で笑いをとる仕草が軽妙で感心しました。また、鷲に変身したジュピターがセメレをさらっていくシーンでは何もなく、ただ人々が芸能紙の一面トップで二人の中をゴシップ記事に仕立てたものを広げて読むことで置き換えたり、Juno達がいざジュピターがセメレを囲っている場所に飛んでいこうというときに、BAのティケットをハンドバッグから取りだして見せたり、なかなかアイデア一杯で楽しめます。また、合唱隊が扮する群衆の扱い方も上手くて感心しました。合唱の出来もとても良かったです。

La Scintillaというオーケストラは余りよく知りませんが多分この劇場付きのバロック管弦楽団なのでしょう。とても上手いし、クリスティの指揮がすばらしくて心底楽しめるヘンデルでした。

歌手では、タイトルロールのバルトリが期待通りの歌唱で、時折声が掠れる場面があるもののそれは小さな瑕で、終始例の声が瑞々しく響いてすばらしいものでした。彼女のあまり大きくない声にはこの小さな劇場(1100席しかないそうです)はとてもふさわしいもので、好んでここで歌う理由がよく分かります。
ジュピター役のアメリカ人テノール、チャールズ・ワークマンも絶好調で、滑らかな美声がとても気持ちのいいものです。ジュノ役のドイツ人メゾ、ビルギット・レンメルトも感心した歌手の一人で、輪郭のはっきりした声が好ましく声量もたっぷり。イリス役のメキシコ人ソプラノ、レベカ・オルベラも悪くない歌手です。イノ役のメゾはあまり感心しません。アタマス役はカウンターテノールかと思うような声でしたが、普通のテノールのようです。茫洋とした声はあまり好みじゃないです。カドムスとソムヌスの二役をやったバス歌手はまあまあ。

全体としてはとても楽しめた公演で、急遽見に来た甲斐がありました。

下の写真はカーテンコールでのCecilia BartoliとWilliam Christie。
c0057725_2147139.jpg

次の写真はJupiterに扮するCharles Workman。
c0057725_21473638.jpg

次はJunoに扮するBirgit Remmertです。
c0057725_2148640.jpg

このオペラ劇場は上に書いたようにとても小さくて、雰囲気はいいのですが今回私が座った3階正面(Parkett Galerie)の4列目は柱の関係で3列目の客がいないにも拘わらずその前2列のお客の頭が邪魔でとても見難い席でした。これで220フランはちょっと酷い。最高額は320フラン(約25000円)でした。翌日の「シモン・ボッカネグラ」が最高270フランでしたので、バルトリのギャラがいかに高いか分かります。しかし4月のネトレプコが出演する「椿姫」は380フランなのでネトレプコのギャラはバルトリを凌ぐようです
[PR]
by dognorah | 2009-01-27 21:56 | オペラ
<< ヴェルディ「シモン・ボッカネグ... 榎本明子さんの東京コンサート >>