ハイドン「天地創造」

2009年1月10日、バービカンホールにて。

Haydn: Die Schöpfung (The Creation)

Freiburg Baroque Orchestra
RIAS Chamber Choir
René Jacobs: conductor
Thomas Quasthoff: Raphael, Adam (bass-baritone)
Julia Kleiter: Gabriel, Eve (soprano)
Maximilian Schmitt: Uriel (tenor)

今年はハイドン没後200年記念年(他に、ヘンデル没後250年、パーセル生誕350年だそうです)。きっと公演が多いことでしょうが、早速ながら聴いてきました。
有名なオラトリオですが、実演で聴くのはこれが初めてです。

オーケストラ、合唱、独唱陣が全てすばらしい出来で、渾然一体となった演奏に大いに感動しました。元々曲がそうなんでしょうけれど実に美しい演奏で非の打ち所がありません。
フライブルグ・バロック・オーケストラはジューリオ・チェーザレ以来二度目ですが、前回と同じく今回も現存バロックオケの最高峰と思いました。アンサンブルといい、木管独奏といい、自由闊達にしてきちんと統制の取れた響きといいほとほと感心。
合唱も質の高さを誇示する出来で、女性陣の制服もなかなかお似合いです。
独唱者達は全員ドイツ人で全て初めて聴く人たちですが、3人ともとても水準が高いと思いました。ソプラノもテノールも気品が高くて柔らかい伸びのある声が魅力的ですし、トーマス・クヴァストホフはサリドマイド禍のハンディがありながら頻繁に舞台に出ている理由がよく理解できる上手い歌唱でした。小さい体なのに凄い低音も出ますし。彼は今年50歳になります。ということはあのサリドマイド禍から約50年が経ったということですね。
ソプラノのユリア・クライターは長身の美人ですが、ドレスのデザインがなかなかで、ネックレスとのマッチングもすばらしい。
写真は左からThomas Quasthoff、René Jacobs、Julia Kleiter、Maximilian Schmittです。
c0057725_1132058.jpg

[PR]
by dognorah | 2009-01-11 11:04 | コンサート
<< マーク・ロスコ展 フランシス・ベーコン展 >>