ユーロフスキーのマーラーとヴァーグナー

2008年12月13日、RFHにて。

演奏
Vladimir Jurowski
London Philharmonic Orchestra
Anja Kampe: Isolde
Robert Dean Smith: Tristan
Sarah Connolly: Brangaene
László Polgár: King Marke
Stephen Gadd: Melot/Kurwenal

プログラム
マーラー:交響曲第10番アダージオ
ヴァーグナー:「トリスタンとイゾルデ」より第2幕

前半のマーラーは完璧に統制の取れた演奏で、極めて美しいが美しさの中から不安と緊張が垣間見えるものでした。非常に豊かな音というわけではないもののとても純な音がします。優れた演奏です。

今までユーロフスキーのオペラのコンサート形式は何度か聴いてきていつも満足させられてきましたが、今日も例外ではなく大変楽しめました。管弦楽のコントロールはマーラーと同じで出てくる音は全く納得できるものです。この人のオペラを一度舞台で見てみたいものです。
イゾルデを歌ったアニア・カンペは前半高音が割れる傾向にあってよくなかったのですが後半は持ち直して芳醇な声が聴けました。
ロバート・ディーン・スミスのトリスタンを聴くのは今年3度目ですがこの日が一番出来が悪かったと思います。いつにもまして線が細くオケにかき消されてよく聞こえない場面がしばしばでした。
セイラ・コノリーのブランゲーネは最初から最後まで美声がすばらしく非常に安定した歌唱です。マルケ王を歌ったラズロ・ポルガーはあまりヴァーグナー歌いとしての経歴はないようですが、立派なマルケ王でびっくりしました。開始前に風邪で調子が悪いなんてアナウンスがありましたが、ちょっと信じられません。メロートを歌ったスティーヴン・ガッドもよく声が出ていました。
写真は左からAnja Kampe: Robert Dean Smith: Sarah Connolly: László Polgárです。
c0057725_234996.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-12-18 02:04 | コンサート
<< プッチーニのオペラ「トゥーラン... 「ヘンゼルとグレーテル」公演 >>