「ヘンゼルとグレーテル」公演

2008年12月12日、ROHにて。

コヴェントガーデンでは1937年以来71年振りとなる再演が新制作で行われました。

Hänsel und Gretel
Märchenspiel in three acts

Music: Engelbert Humperdinck
Libretto: Adelheid Wette after the fairytale “Hänsel und Gretel” by Jacob Ludwig and Wilhelm Carl Grimm

Director: Moshe Leiser and Patrice Caurier
Set Designs: Christian Fenouillat
Conductor: Colin Davis
The Orchestra of the Royal Opera House

Cast
Hänsel: Angelika Kirchschlager
Gretel: Diana Damrau
Gertrud: Elizabeth Connell
Peter: Thomas Allen
Witch: Anja Silja
Sandman: Pumeza Matshikiza
Dew Fairy: Anita Watson

すばらしい公演でした。フンパーディンクの音楽はかなりヴァーグナーの影響を受けていますが饒舌で多彩、とても魅力的です。コリン・デイヴィスの指揮はそれを余すところ無く表現した圧倒的名演でした。ROHのオケもここまで美しい演奏が出来るんだという事実に、改めて指揮者の力は偉大と思いました。過去の上演を思い起こすとチャールズ・マッケラスが指揮した「カーチャ・カヴァノヴァー」がこれに匹敵する名指揮だったか。

歌手は期待に違わず、ディアナ・ダムラウもアンゲリーカ・キルヒシュラーガーも持ち前の美声がよく出ていたし、演技も立派でした。他の歌手も特に不満はなく、水準の高いものです。魔女役のアニア・シリアは往年の名ソプラノで名前だけは知っていましたが未だに現役なんですね。今年68歳だそうですが、こういう役にはぴったりでしょう。

演出もなかなかよくできたもので、四角いホーンをばっさり切ったような舞台も機能的でメルヘンチックな雰囲気がよく出ています。この公演の前に予習としてMETが今年上演したユーロフスキー指揮の映像を見ましたが、あのグロテスクな演出(Richard Jones)に比べるとこちらの方が遙かに上出来です。
なお、今日はカメラが入っており、DVDが制作されるのですが12月25日にBBC Twoで放送もされるそうです。

下の写真は終了直後のカーテンコールで大歓声に大喜びするDiana DamrauとAngelika Kirchschlagerです。
c0057725_3202041.jpg

その次は、左からAnja Silja、Diana Damrau、Angelika Kirchschlager、Elizabeth Connellです。
c0057725_3205782.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-12-15 03:22 | オペラ
<< ユーロフスキーのマーラーとヴァ... ラトル指揮OAEの公演 >>