ラトル指揮OAEの公演

2008年12月8日、RFHにて。

指揮:Simon Rattle
Orchestra of the Age of Enlightenment

プログラム
ベルリオーズ:リア王序曲
シューマン:交響曲第4番(1841年オリジナル版)
シューマン:交響曲第2番

特にピリオド楽器が好きというわけではないが、今までバロックオペラを聴くことが多かったこのオケがラトル指揮でシューマンを演奏するというのに惹かれて聴いてみた。こういう交響曲を演奏してもピリオド楽器のオケとしてはOAEは上手いと思った。

ラトルは何を振っても水準以上の演奏をする人だが今日もその通り。最初のベルリオーズからして緻密な構成と細部のよく練られた表現が聴くものを惹きつける。開演ぎりぎりまでリハーサルを続けた成果か。シューマンは2曲とも暗譜で指揮。

シューマンの偶数番交響曲はは滅多に聴かないので翌日の1番と3番でなしにこの日を選んだのだが、2曲とも大変楽しめた。シューマンらしいがっしりした構成に美しいフレージング、つい体を揺すりたくなるような熱狂的なリズム感が心地よい。4番で普通に演奏されるヴァージョンとオリジナルの違いなぞ全く知らないが、今回かなり優れた演奏だったと思う。
第2番もその流れで継続。第1楽章は熱狂的好演だったし、第3楽章の美しさは特筆もの。そして第4楽章の盛り上げ方など自然で納得がいく佳演だった。
[PR]
by dognorah | 2008-12-11 00:59 | コンサート
<< 「ヘンゼルとグレーテル」公演 ドニゼッティのオペラ「Pari... >>