ラモーのオペラ Les Indes galantes

2008年11月4日、バービカンホールにて。

Rameau: Les Indes galantes
Le Turc généreux
Les Incas du Pérou
Les Sauvages

毎年恒例のウイリアム・クリスティ指揮Les Arts Florissantsは今年はラモーのオペラを持ってきました。
オペラバレーとして作曲されたこの作品はプロローグと4幕によって構成されるものですが、今日は上記のようにその中の1,2,4幕のみがコンサート形式で上演されました。各幕とも独立したストーリーで構成されており、共通して男女間の愛がテーマになっています。ストーリーといっても単純でそれぞれ一人の女性に複数の男性が出てきて女性が一方を選ぶ過程が歌われるだけです。舞台上演ではバレーが出てくるのでしょうが、本日はそれはありません。観客は昨日のミンコフスキーのコンサートより多く、7-8割は入っていました。
出演者は次のとおりです。

Choir and Orchestra of Les Arts Florissants
William Christie: condudor
Sonya Yoncheva: soprano
Juliette Galstian: mezzo-soprano
Ed Lyon: tenor
Juan Sancho: tenor
Stéphane Degout: baritone
João Fernandes: bass

歌手は過去に聴いたことがあるのはテノールのライオンとバリトンのデグーのみですが、全員水準的にはまあまあいい線を行っているというところ。今回初めて聴いたフアン・サンチョというテノール(第2幕に出ただけ)がいい声で声量も一番あり印象的でした。合唱は凄く上手いと思います。管弦楽はこなれた感じの演奏で、歌と共に大変楽しめるものです。大きな拍手に応えて、珍しいことに独唱者も合唱に加わって全員参加でアンコールが演奏されました。カットした部分から一部をやったのでしょうか。

写真は左からEd Lyon、Juan Sancho、Juliette Galstian、William Christie、Sonya Yonchevaです。
c0057725_21554473.jpg

次は、全幕に出演したバスのJoão Fernandesと一人置いてStéphane Degoutです。
c0057725_21561632.jpg

[PR]
by dognorah | 2008-11-05 22:19 | オペラ
<< パリの「トリスタンとイゾルデ」公演 ミンコフスキー+キルヒシュラー... >>