グルックのオペラ「Il trionfo di Clelia(クレリアの勝利)」

2012年6月24日、Linbury Studio Theatreにて。

Il trionfo di Clelia (UK prerniere): Opera Seria in three acts (1763)
Music: Christoph Willibald von Gluck (1714-1787)
Libretto: Pietro Metastasio

Clelia: Hélène Le Corre soprano
Orazio:Mary-Ellen Nesi mezzo-soprano
Taquinio: Irini Karaiannì mezzo-soprano
Larissa: Lito Messini soprano (Burçu Uyarの代役)
Porsenna: Vassilis Kavayas tenor
Mannio: Artemis Bogri mezzo-soprano
City of London Sinfonia
conductor : Giuseppe Sigismondi de Risio
director/set design: Nigel Lowery
costume: Paris Mexis
lighting: George Tellos

このオペラは初演は大成功だったそうですが、まともに作ると舞台装置が大変だという理由で長く上演機会に恵まれず埋もれてしまったという作品です。今回は多分City of London Sinfonia主導でEUやROHなどスポンサーがお金を出して上演にこぎ着けたようです。
ストーリーはローマとEtruscansという王国の戦いをベースにいくつかの恋愛を絡ませたもので、ややこしいながらも面白く展開していきます。Cleliaはローマの高貴な生まれで若い女性、それがローマとの和平のためにPorsennaが治める王国Estrucansの人質となっていてしかもローマ大使であるOrazioとは婚約している身。その彼女を見初めて横恋慕しているのがEstrucansの貴族Tarquinio、しかし彼はPorsennaの娘Larissaと婚約しており、将来は王国を継ぐことになっている。ところがLarissaはEstrucansと同盟関係にあるVejenti国の王子Mannnioを愛している。こういう状況の下、ローマとEstrucansの間の戦闘も交えてCleliaの運命が翻弄されていくのですが、最後はTaquinoの悪行がばれて処刑されると好きなもの同士が結ばれてめでたしめでたしとなります。
演出は段ボールの箱とヴィデオを多用したチープな舞台装置ながらなかなかよくできていて感心しました。かなり才能のある人ですね。
歌手は男声が一人だけで、メゾソプラノはすべてズボン役です。各歌手とも立派な歌唱でした。特に題名役のフランス人ソプラノ、エレーヌ・ル・コルは大変すばらしい声が高音から低音まで淀みなく出て印象的でした。もう一人のソプラノ、リト・メッシーニは第1幕がやや乾き気味の声でぱっとしませんが第2幕以降は調子が上がり楽しませてくれました。3人のメゾの中ではマリー=エレン・ネシが最も好みの声でしたが、他の二人も悪くないです。テノールも艶のある声がよく出て水準の高い歌唱です。
これとほぼ同じ出演者でCDが出ていますが、あるいはどこかですでに公演があったのかも知れません。

出演者達


Hélène Le Corre


Mary-Ellen Nesi


Vassilis Kavayas


Giuseppe Sigismondi de Risio






■  [PR]
# by dognorah | 2012-06-27 01:51 | オペラ

ラトル指揮ヴィーンフィル演奏会

2012年6月17日、バービカンホールにて。

Brahms Symphony No 3
Webern Six Pieces for Orchestra
Schumann Symphony No 3, 'Rhenish'

Vienna Philharmonic Orchestra
Sir Simon Rattle conductor

大好きなブラームスの第3番、始まってすぐに久しぶりに聴くヴィーンフィルの柔らかく厚みのある弦にヒーヒー言ってしまいました。冒頭部だけで幸せになります。
ラトルの指揮はいつものように確信に満ちた憑かれたような棒捌きで、豊麗な音と饒舌さに圧倒されました。熱演過ぎてちょっとオケのアンサンブルが乱れる部分もありましたが美しく迫力がありスケールも大きい演奏は過去に聴いたどんな演奏よりも心を打つものでした。この曲の中でも特に気に入っている第3楽章は退廃的な気だるさに惹かれるのですが、今日の演奏ではもう少し健康的なニュアンスで肩すかしではありました。でもそれにも勝る緻密な美しさのためにあまり不満は感じられませんでした。第4楽章の凄まじい盛り上がりの後の静かさがまた納得のいく対比で印象深い終わり方です。この曲だけでおなかが一杯、もう帰ってもいいと思ったぐらいです。予定を変更してこの後すぐにインターヴァルになったのはよい計らいでした。

ヴェーベルンの曲は初めて聴く音楽ですが気品の高いアンサンブルで提示される各テーマはなかなか面白く、結構楽しめました。短い曲ながら大編成の管弦楽です。この曲だけはラトルも譜面を見ながら指揮です。

ラトルの指揮するシューマンは3-4年前に聴いた古楽管弦楽団OAEのもの以来ですが、今回は通常のオーケストラなのでどうなるか楽しみでした。あれっと思ったのはヴェーベルンが終了するとすぐにかなりの弦楽器奏者が退場したことで、音の透明性を高めるためでしょうか。しかし第1楽章の始まりではそれまでと違って弦楽器のギスギス感が少し出てきて、やはり急な人数変更でアンサンブルに支障を来したかという感じでした。第1楽章の後半ではそれはなくなりましたが。
演奏はここでもスケールの大きい堂々たるものでラトルのエネルギーをまともに浴びる感じです。ブラームスと同様やはり饒舌でシューマン節というかラトル節を大いに楽しみました。OAEとの演奏とはそれほどかけ離れていない印象でしたが奏者を間引いて透明性を保った効果かも知れません。

全体としてはそれほど演奏時間の長いコンサートではなかったし、聴衆も大いに沸いたのですがアンコールは無し。









■  [PR]
# by dognorah | 2012-06-23 01:00 | コンサート

ロイヤルバレーのダブルビル

2012年6月12日、ROHにて。

(1)「Ballo della regina」
CHOREOGRAPHY: GEORGE BALANCHINE
MUSIC: GIUSEPPE VERDI FROM DON CARLO (CRITICAL EDITION BY GUNTHER/PETAZZONI)
MARIANELA NUÑEZ, NEHEMIAH KISH
SAMANTHA RAINE, YUHUI CHOE, BEATRIZ STIX-BRUNELL, EMMA MAGUIRE

20分足らずの短いバレー。主役二人は白い衣装で他の人たちはカラーの衣装。ダンスは優美なクラシックで楽しめる。ニュネスの元気いっぱいな踊りがすばらしい。





カメラに微笑むニュネス


(2)「La Syilphide」
CHOREOGRAPHY: AUGUST BOURNONVILLE
MUSIC: HERMAN LØVENSKIOLD
ADDITIONAL CHOREOGRAPHY, PRODUCTION, STAGING: JOHAN KOBBORG
THE SYLPH: ALINA COJOCARU
JAMES:JOHAN KOBBORG
MADGE: KRISTEN MCNALLY
EFFIE: EMMA MAGUIRE
GURN: JOSÉ MARTÍN
ANNA:URSULA HAGELI
TWO MEN: PHILIP MOSLEY, THOMAS WHITEHEAD
LITTLE GIRL: ANNABEL PICKERING
EFFIE'S FRIENDS: BEATRIZ STIX-BRUNELL, IOHNA LOOTS, LETICIA STOCK, ALEXANDER CAMPBELL, JAMES WILKIE, JAMES HAY
FIRST SYLPH: YASMINE NAGHDI
TWO SYLPHS: MEAGHAN GRACE HINKIS, LETICIA STOCK

ヨハン・コボーグが味付けをした振り付けのせいで彼の踊りがすばらしく、全技量を出し切ったのではと思わせるような凄さを感じました。ストーリーもしっかりした2幕物なのでバレーとしては堪能した作品です。


■  [PR]
# by dognorah | 2012-06-20 02:08 | バレー

ロイヤルバレー「The Prince of the Pagodas」

2012年6月2日、ROHにて(ドレスリハーサル)

Choreography: Kenneth MacMillan
Music: Benjamin Britten

Conductor: Barry Wordsworth
Orchestra of the Royal Opera House
Belle RoseSarah Lamb
Belle EpineLaura Morera
PrinceFederico Bonelli

初めて見るバレーです。パゴダというからには東洋の場面が思い浮かびますが、舞台装置も衣装もあまりそういう印象は受けません。

舞台を見て理解したあらすじ
ある国の皇帝は年老いてきたので二人の娘に国を分け与えるがかわいい妹Roseの方により多くの国土が行くようにしてしまう。怒った姉Epineは言い寄る王子達と組んで妹と皇帝にいろいろ悪さを仕掛ける。それを逃れるために妹は蛙の導きでパゴダのある国へ行き、そこで知り合ったPrince of the Pagodasと仲良くなって二人で国に戻り、姉たちを追い出す。

ということで長編の割にはしょうもないストーリーで、それが災いしてか滅多に上演されないバレーです。なお、音楽はわざわざブリテンに委嘱して作られたもので、いかにもブリテンらしい響き。音楽は楽しめます。ブリテンが作曲したときの振り付けはJohn Cranko(1957年振り付け)のもので、1989年にKenneth MacMillanが改訂振り付けを行ったものです。この振り付けもそれほど凝ったものとも言えず、まあ普通のバレーで特に見所というのもないような感じです。








■  [PR]
# by dognorah | 2012-06-19 01:11 | バレー

再びMTT指揮LSO演奏会

2012年5月31日、バービカンホールにて。

Berg Chamber Concerto
Mahler Symphony No 1 (‘Titan’)

Michael Tilson Thomas conductor
Yefim Bronfman piano
Gil Shaham violin
London Symphony Orchestra

ベルクの室内楽協奏曲は全く初めて接する曲です。独奏がピアノとヴァイオリン、オケが管楽器のみで大変ユニークな三楽章構成です。演奏開始前に指揮者MTTによる解説があり、この曲はシェーンベルクの50歳の誕生日を祝うために作曲されたとのこと。シェーンベルクはベルクより11歳年上で77歳まで生きましたがベルク本人は50歳で若死にしています。
曲は当然のことながら現代音楽で管楽器からは不協和音が頻繁に出てきますが独奏のヴァイオリンとピアノは総じて耳に心地よい音楽で、この二つが合奏するときの音楽はなかなか楽しめました。管楽器にしても独奏部分が多いのですがノーブルな音という印象です。演奏時間は30分ぐらいあるでしょうか、ちょっと長さを感じさせるもので、正直言って退屈さを感じた点もあります。

Gil Shaham, Yefim Bronfman and Michael Tilson Thomas

マーラーの第1番は昨年ブダペストで聴いて以来です。各楽章とも大変立派な演奏で特に第3楽章の美しさは特筆ものでした。MTTはそういった面では非常に優れた指揮者ですが、オケを大音量で操るのはあまり得意ではないように見受けました。第4楽章の迫力など昨年聴いたフィッシャーや随分前に聴いたハイティンク指揮LSOの方が上です。ということで音楽的には十分楽しめましたが細かいところで不満が残る演奏でした。




■  [PR]
# by dognorah | 2012-06-18 23:00 | コンサート

蜷川幸雄演出、シェイクスピア「シンベリン」公演

2012年5月30日、Barbican Thetreにて。

Shakespeare: Cymbeline

蜷川幸雄カンパニーのロンドン公演二日目を見ました。
先日見たグローブ座の「コリオレイナス」に引き続き今年日本語で見るシェイクスピア劇の二つ目ですが、原作を全く知らないにもかかわらず大変楽しめました。やはり日本語でしゃべってくれるのはありがたい。演出は小気味よいテンポで笑どころたっぷり、見栄えのする衣装、簡素ながらも美しい舞台に加えて俳優達の演技のうまさも際だつすばらしい舞台でした。すでに日本で公演した演目でしかも俳優達がほとんど一緒なのでこなれた舞台になっているのでしょう。背景には山水画や源氏物語絵巻(雨夜の品定め)などが使われて日本発のシェイクスピアと強調している点もいいなと思いました。特に雨夜の品定めはまさしく舞台上で男どもがお国の女自慢をする場面だったので使い方が上手いと思いました。イギリス人には全く理解できないでしょうけれど。でも英語字幕で筋を追わなければならない非日本人観客もかなり入っていてほぼ満席だったのは蜷川人気か。
インターヴァルにストール席後方に座っていらっしゃる蜷川さんを見かけ、声をかけてみましたが上機嫌でした。
ただ、劇の大団円となる最後のシーンは演出としてはあまり評価できず、ダサさ感がつきまとってかなり退屈でした。舞台中央に立つ木が陸前高田市の一本松であり、昨年の震災にかこつけた彼の意図はすぐにわかりましたが、人物処理がくどすぎる気がします。

終了後のカーテンコール


Posthumus役の阿部寛


Imogen役の大竹しのぶと蜷川幸雄





■  [PR]
# by dognorah | 2012-06-01 00:32 | 観劇

MTT指揮LSO演奏会

2012年5月27日、バービカンホールにて。

Beethoven Piano Concerto No 3
Mahler Symphony No 4

Michael Tilson Thomas conductor
Elizabeth Watts soprano
Llŷr Williams piano(Yefim Bronfmanの代役)
London Symphony Orchestra

マイケル・ティルソン・トーマスを聴くのは約5年ぶりですがやっぱりいい指揮者です。
ピアノ協奏曲は構成のがっしりしたオケをバックに派手さはないものの堅実に音楽を作る美しいピアノによってしっかり楽しませてくれました。ウェールズ人ピアニスト、フリール・ウイリアムズは名前さえ初めて聞く人ですがイギリスでは結構ポピュラーな存在らしい。写真で見る通り外見的にも地味な人です。MTTは協奏曲でも緻密で豪快な演奏、さすがです。

Llŷr Williams

マーラーの4番は明快な演奏、各楽器のメロディーがクリアに聞こえる分析的な解釈でスケールの大きさはないものの第3楽章など実にマーラーマーラーしてこの曲も大変楽しめました。第4楽章で独唱のエリザベス・ウォッツは声量はそれほど無いものの持ち前の透明な美声がこの曲によくマッチして秀逸な出来です。

Elizabeth Watts


Michael Tilson Thomas & Elizabeth Watts

■  [PR]
# by dognorah | 2012-05-29 00:44 | コンサート

日本の劇団によるグローブ座でのシェイクスピア

2012年5月22日、Globe Theatreにて。

ロンドンのオリンピックを記念して世界各国の劇団が37カ国語でシェイクスピアの劇をグローブ座で上演する企画Globe to Globeが進行中で、5月21日と22日の二日間に京都をベースに活躍する劇団「地点」によってコリオレイナス(Coriolanus)が日本語で上演された。
演出は三浦基、主演は石田大。

舞台はほぼ何もなく奥に音楽を奏でる人たちが座っているだけ。
俳優達は藍色の虚無僧の衣装を身につけているが、トランペットや能で使われるような面を小道具として使っている。主役は深編笠をかぶっているが時々前を手で持ち上げてしゃべる。何かを表現するために象徴的な動作をそれらの小道具を使いながら行うが意味は私にはよくわからなかった。シェイクスピアの著した台詞は恐らくすべてしゃべっているのであろう、かなり早口で言葉を繰り出す。さすがに発声がきれいでほぼ全部キャッチできる。発声の仕方も真面目にしゃべったり声音を変えてふざけたしゃべり方にしたりと大変面白い。元々悲劇のはずだが聴いているこっちは喜劇のように笑ってしまう。演出家も悲劇を意識しないでやりたいようにやっているだけだろう。俳優達も時には聴衆に話しかけたり、自由闊達に演技しており大変上手い。ヴァイオリンやトランペットなどの楽器もよいタイミングで鳴らされる。トランペットも時にはわざとすーすーと空気の音を出してふざけた効果も出している。コリオレイナス以外の俳優は場面に応じて役をコロコロと変えて、最少の人数で舞台をまかなう。何もない舞台と相俟ってミニマリズム演出といわれているようだが、観客は容易に想像力を働かせることが出来る。
ということで演劇は滅多に見ない私でも大いに楽しむことが出来た。やっとやってきた夏のお陰で寒くはなかったし。

ロンドンで二日間公演した後はモスクワで2公演、サンクト・ペテルスブルクで1公演予定されているようです。日本でこれを公演するのは来年になるとのこと。

俳優達。左端が主演の石田大。


右端が演出家の三浦基





■  [PR]
# by dognorah | 2012-05-26 23:28 | 観劇

南アフリカのオペラカンパニーIsango Ensembleによる「ラ・ボエーム」

2012年5月19日、Hackney Empireにて。

Puccini: La bohème

Adapted and directed by Mark Dornford-May
Conductor: Mandisi Dyantyis
Mimi: Pauline Malefane
Rodolfo: Mhlekazi 'Whawha' Mosiea
Musetta: Nobulumko Mngxekeza
Marcello: Simphiwe Mayeki
Colline: Luvo Rasemeni
Schaunard: Katlego Mmusi

友人のWさんに誘われてちょっと変わったオペラを見てきました。Isango Ensembleはケープタウンをベースにした演奏団体です。音楽は管弦楽ではなくザイロフォンとスティールドラムを組み合わせて演奏されます。オリジナル音楽はかなりカットしていて、休憩を合わせて演奏時間は2時間程度です。歌詞は英語です。舞台中央が演技空間で、両脇にオーケストラが配置され、指揮者は左側のオケの前で指揮します。
各歌手の出来はまあまあでプッチーニの音楽はそれなりに楽しめます。ソプラノではムゼッタの声がいいです。南半球でのストーリーに読み替えてあるので、物語は6月から始まります。舞台装置は無きに等しく、ガラクタを並べただけのものです。
Wさんも仰っていたけれど、アフリカの要素をふんだんに取り入れて、オペラ自体を自分たちのものにして生き生きとして上演していることに感心しました。幕間にはコーラスやオケの連中も含めて舞台上でアフリカンダンスを披露するのです。時にはカルメンの音楽をちょっと演奏して観客の笑いを誘ったり・・・エネルギーに満ちあふれているという印象ですね。日本のオペラだって日本の伝統を取り入れてユニークなものにして世界中で上演することを考えてもいいじゃないかというWさんの言葉には大変共感しました。
南アフリカのオペラは以前にも見たことがありますが、あのときの演奏形態は西洋のそれに近いものでしたが、今回のようなヴァリエーションも含めて結構音楽活動は盛んなんですね。

やはりWさん情報ですが、ちょっとネガティヴな事実が。舞台上の出演者はすべて黒人ですが、このカンパニーを牛耳っているお偉方はすべて白人らしい。そして、このロンドン公演はこのオペラのほかに演劇が2演目あるのですが、週末はこれら3つがすべて一日に上演されるという過密スケジュールです。出演者はその3つでほぼ共通ということで、歌手もオペラに全力投球できないという状況。それにしても舞台上の皆さんは明るいですね。



左から、ムゼッタ、ロドルフォ、指揮者、ミミです。

■  [PR]
# by dognorah | 2012-05-23 00:07 | オペラ

ヴェルディのオペラ「ファルスタッフ」新演出初日

2012年5月15日、ROHにて。

Falstaff: Commedia lirica in three acts
Music: Giuseppe Verdi
Libretto: Arrigo Boito after William Shakespeare's plays "The Merry Wives of Windsor" and "Henry I and II"

Director: Robert Carsen
Conductor: Daniele Gatti

Sir John Falstaff: Ambrogio Maestri
Alice Ford: Ana María Martínez
Ford: Dalibor Jenis
Meg Page: Kai Rüütel
Mistress Quickly: Marie-Nicole Lemieux
Nannetta: Amanda Forsythe
Fenton: Joel Prieto
Dr Caius: Carlo Bosi
Bardolph:Alasdair Elliott
Pistol: Lukas Jakobski
Royal Opera Chorus
Orchestra of the Royal Opera House

4年前にヴィーンで初めて見て以来の経験です。ROHは10年ぐらい前にやったらしいですが私はそのときはパスしているのでROHとしてはこれが初めてです。10年前のプロダクションはそれっきりでお蔵入りし、今回はカーセンによる新演出です。2回しか見ていなくてこういうのも何ですが、このオペラは第2幕まではよく書けているものの第3幕の出来が悪く、全体としては魅力の薄いオペラになっている印象です。ヴィーンのプロダクションもカーセンの新演出も第2幕までは共によくできていると思うのですがやはり第3幕は救いようがない感じです。再演されても見に行くかどうか微妙ですね。

さてカーセンの演出ですが完全に現代に読み替えたもので、各シーンとも部屋の出来や家具調度も立派なもの。第2幕ではモダンで広々としたキチンが設営されますが、このシーン後半のドタバタから第3幕にかけての群衆処理はあまり感心しません。特に第2幕でフォードが手下を大勢連れてきてファルスタッフを探し回る部分で、戸棚の中のものをすべて床の上に投げ出すシーンなど不愉快でちっとも面白くありません。カーテンコールで結構彼に対するブーが出ていたのはそういうところに原因があるのではないかと思いました。

音楽の方は、とにかくガッティの指揮がすばらしく、これだけ饒舌に質の高い音楽をこのオケから引っ張り出すのを目の当たりに見ると、最近とてもすばらしい音楽を作るようになったといつも私がほめているパッパーノも色あせて見えてしまいます。これは経験とかじゃなくて持って生まれた資質なんでしょうね。この人がオペラを指揮するのを見るのは4年前のバイロイトでの「パルジファル」以来2回目で、もちろんROHでは初めてですが、もっともっとオペラを指揮して欲しい人です。

歌手の方は全員それぞれの実力を出し切っている印象で、なかなかよかったです。主役のマエストリは4年前のヴィーンでも歌った人ですが今日はそのときより遙かにだみ声が少なく、迫力ある歌唱でした。演技もなかなか堂に入ったもので、大いに笑わせてくれました。このオペラではアリーチェ役が女声陣の筆頭でしょうけれど、歌唱的には前回と同様ナンネッタとフェントンが楽しめます。今回の二人もかなり楽しませてくれました。フォード役もとてもよい出来で、文句なし。

Robert Carsen & Daniele Gatti


Ambrogio Maestri


Ana María Martínez


Joel Prieto & Kai Rüütel


Marie-Nicole Lemieux & Amanda Forsythe


Dalibor Jenis & Ana María Martínez








■  [PR]
# by dognorah | 2012-05-17 06:33 | オペラ
< 前のページ 次のページ >